初心者向け ピアノ 練習 動画

初心者向けのピアノ動画で練習をおすすめする理由

初心者向け,ピアノ,練習,動画

 

 

発表会では、どんな曲を弾いたらいいの?

 

ピアノの発表会に初めて参加したことを思い出します。やはり、とても緊張して、順番を待っている間、手のひらに『人』という字を書いて飲み込む、という緊張対策をした事を覚えています笑!発表会では、それまでの練習の成果を披露できる素敵なイベントですよね。

 

 

どんな曲を披露しようかとても悩みますね。何曲か弾くことが出来るのであれば、どんな曲の組合せにするかテーマを決めて考えるのも楽しいものです。
例えば、クリスマス前の発表会なら、やっぱり、クリスマスをテーマにした曲を集めったり、冬をテーマにした曲をプラスしたりすると、聴きに来てくれた人達にも楽しんでもらえると思います。

 

 

私の場合、夏休みに発表会があったので、夏をテーマにした曲を何曲か選んだのを覚えてます。初心者の方向けの曲でもシンプルなメロディーが美しく、ゆったりとしたテンポで弾け、華やかに聴こえる曲がおすすめです。簡単だけど、難しい曲に聴こえる、そんな曲を後程紹介してたいと思います。

 

 

発表会って、楽譜を見ながら演奏してもいいの?

 

 

もちろん、発表会で、楽譜を見ずに弾かなければいけないという決まりは、ありません。連弾で弾くときは、楽譜を見ながら弾く人が多かったように思います。子供の場合の方が楽譜なしで、弾いている人が多い反面、大人場合は、念のため、楽譜を置いて演奏していることが多いです。

 

 

楽譜を置いていても楽譜を見ずにピアノの鍵盤を見ながら弾いていますが、楽譜を目の前に置いて、発表会に臨むのと楽譜なしで臨むのとでは、精神的安定度がかなり違ってくるように思います。

 

 

出来るだけ、練習することがピアノ発表会で緊張しないコツでもあります。発表会の時に楽譜を置いて演奏することを決めたとしても、練習の段階で暗譜を目標に練習するとピアノ発表会当日の緊張感も変わってくると思いますよ。

 

 

発表会に弾く曲が決まったら、ピアノ動画を見ながらの練習が初心者向けでおすすめの方法ですよ。

 

 

もしも、ピアノ発表会当日の演奏中にミスをしてしまったり、頭が真っ白になって、楽譜内容を忘れてしまったりしても、一度手を止めても構いません。深呼吸して、思い出したところから引き直し、慌てず、最期まで弾き終えるようにしましょう。最初に戻って、弾きなおすのではなく、止まってしまったフレーズの少し前から弾きなおす練習を日頃からっしているといいです。

 

 

全く、楽譜通りに弾かないという決まりもないので、本番でつまずいてしまったら、なんとなくの雰囲気でごまかして、手を止めることなく弾き切るのも悪くないと私は、思いますよ。たくさん、演奏会に参加していけば、場慣れしていくはずです。

関連ページ

大人用ピアノレッスンの動画がおすすめな理由とは?
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない初心者の用教材・教本を参考に独学で上達できる方法とは
シニアにオススメするピアノ教本3選
初心者シニアにオススメするピアノ教本,教材を参考に独学で上達できる方法とは
自宅でレッスン!大人にオススメの独学用教材は?
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない初心者の用教材・教本を参考に独学で上達できる方法とは
大人が独学でピアノを練習するには、どの順番で教本を進めるといいの?
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない初心者の用教材・教本を参考に独学で上達できる方法とは