楽譜が読めないピアノ初心者にもやさしい独学の教材・教本

正しい姿勢&座り方&椅子の高さ

ピアノ初心者,独学,教材,教本

 

ピアノを弾く時の姿勢は、いい音を出す、綺麗な演奏にとても関係してきます。ぜひ、正しい姿勢と座り方、そして椅子の高さを調整して、ピアノを楽しみながら弾いて下さい。

 

 

正しい姿勢と座り方が大切な理由とは?

肩は、力を抜いて、気持ちをリラックスさせることが大切です。背筋は、まっすぐ伸ばすことを意識してください。腕は、楽に水平に。鍵盤よりも少し高めが理想でしょうか。椅子の高さで調整しましょう。腰は、椅子に浅く腰をかけましょう。イメージとしては、すぐに立ち上がれるような感じですね。ひざは、ピアノの下に少し入り込む感じです。

 

 

足は、しっかり床にべたっとつく方が弾きやすいです。ブランブランした状態では、弾きにくいです。子供の場合は、台などを置いて足がしっかりつくようにしてあげるとピアノが弾きやすくなりますよ。

 

 

指の形は、どうすればいい?

手を鍵盤にどう置くかというのは、とても大事です。真っすぐ、ピンと伸ばしたままでと弾きにくく、綺麗な音を出すことが出来ないでしょう。
まずは、親指を手の中に入れて、グーをします。それをゆっくりと少しだけ開いて、丸まった状態で、鍵盤の上にのせましょう。

ピアノ初心者,独学,教材,教本

 

 

力を入れすぎず、優しい、柔らかいイメージで弾くようにして下さい。そうすると、弾きやすいと思います。力が入りすぎてします場合は、深呼吸してリラックスさせてみるのもいいと思います。

 

椅子の高さどれくらいに調整すればいいの?

ピアノの椅子は、基本的に微調整が聞くようになっているものが多いです。腕が鍵盤と水平か、少し上がるぐらいが弾きやすいとされています。腕の高さによって、椅子の高さを調整するのがいいでしょう。

 

 

椅子が高すぎると手の位置も高くなり、フォルテ(強く弾く)やスタッカート(短く弾く)が弾きにくくなります。また、椅子が低過ぎるとピアニシモ(弱く弾く)などの音を出しにくくしてしまいます。ペダルが踏めるようにするのも忘れないようにしましょう。

 

 

椅子とピアノは、30センチから40センチ位離して、真ん中の位置に座れるようにします。ペダルを踏んでみて、踏みにくい時は、椅子が離れ過ぎているので調整しましょう。

 

 

背もたれがある椅子背もたれがない椅子、クッション性がいい椅子と種類も色々あるので、自分の好みの椅子を選びましょう!

ピアノ初心者が独学でもわずか30日で、名曲をスラスラ弾けるようになった方法とは?

 

 

こんな方にオススメ

  • ピアノ教室に通う時間がない。
  • 大人になってからピアノ教室に今日のは、恥ずかしい。
  • 中々時間がとれないので、自分のペースで練習したい。
  • どの教材で勉強したらいいか分からない。
  • 楽譜さえも読むことが出来ない。
  • DVD付きの教本を探している。

 

ピアノ初心者,独学,教材,教本

 

 

 

 

ピアノ初心者,独学,教材,教本

関連ページ

ピアノの楽譜が読めない超初心者でも独学で弾るようになるのか?
ピアノが弾けるようになりたいけど、ピアノの楽譜が読めない超初心者でも独学で弾るようになるのか?
音符と記号の意味が分かれば楽譜が読める
音符と記号の意味が分かればピアノの楽譜や教材・教本が読めるようになります。
ヘ音記号とト音記号の楽譜の読み方を覚えよう
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない。まずは、ヘ音記号とト音記号の楽譜の読み方を覚えましょう
スタッカートの弾き方を練習しよう
ピアノを独学で弾けるようになるためにスタッカートの練習をしてみましょう。
オクターブの上達する弾き方を練習しよう
ピアノのオクターブの上手な弾き方を練習してみましょう。