楽譜が読めないピアノ初心者にもやさしい独学の教材・教本

絶対音感を身につける方法とは?

 

 

絶対音感は、音楽そしている人にとっては、とても気になる事の一つではないでしょうか?

 

ピアノ,音感,独学,教材,教本

 

9才以上からつけるというのは、かなり厳しいものがありますが・・・7歳以下、理想的な年齢は、2歳から4歳のあいだピアノを始めるのがいいとされています。

 

練習を始めるのが早ければ早いほど音感が付きやすいといえます。ただ、大人になってから絶対音感をつけようと思っても残念ながら、身につけることは、不可能だと言えます。

 

人間の聴覚は、お母さんのお腹の中にいるころから発達が始まっていて、5歳くらいには、ほぼ発達を終えてしまします。そして、それまで使われなかった感覚神経は、死滅してしまいます。

 

体の中で無駄なものとされ、その感覚神経がのちに再生されることはできなくなります。

 

ですから、発達途中の小さな年齢の時に、絶対音感の感覚をドンドン使わせて、その部分の感覚神経を強くしていくことこそがとても大事になります。

 

 

絶対音感は、生まれつき身についているものなの?

 

ピアノ,音感,独学,教材,教本

 

絶対音感は、生まれつき身についているものだと思っていませんか?

 

実は、その答えは、NOです。絶対音感は、生まれつきのものでは、ありません。実は、おけいこをすることによって身につくものなんです。

 

昔は、生まれつきの能力で、後から身に着けることは、不可能だと言われていました。

 

絶対音感は、幼児期ににしか身につかない、大人がおけいこしても身に着けることができません。昔は、その、幼児期にしか身につかないという事に気付かれていなかったため、生まれつきだと思われていたというわけです。

 

目の不自由な人に絶対音感を持っている人が多いという事もよく言われています。

 

目が悪いという境遇が、自然に聴覚を研ぎ澄まし、絶対音感をもたらしたと考えられています。

 

お稽古すれば、どんな子供も見につくという事が立証され、絶対音感が生まれつきのものということは、否定されました。

 

 

どれくらいの練習が必要?

 

 

 

絶対音感を身につける練習は、一にににどのくらいの練習が必要なのかがきになるところです。

 

確実に身につけたいのなら、一日、4回から5回くらいの練習量が必要です。そして、一回の練習量は、2分から10分です。練習の回数が減るとその分、身につけることが難しくなってきます。

 

 

どのような練習方法で、絶対音感がみにつくのでしょうか?

 

ピアノ,音感,独学,教材,教本

 

単音を使うよりもはるかに和音を使った練習法の方が成功のカギと言えるでしょう。

 

和音で音を聞き分ける事が出来るように練習ることが最も大事です。

 

 

では、いくつの和音を覚えるといいのでしょうか?

ピアノ,音感,独学,教材,教本

 

絶対音感を身につけるのに必要な和音は、9個です。

 

  • ド ミ ソ
  • ド ファ ラ
  • シ レ ソ
  • ラ ド ファ
  • レ ソ シ
  • ミ ソ ド
  • ファ ラ ド
  • ソ シ レ
  • ソ ド ミ

 

和音を覚えるときに既に覚えた和音をろりしっかり覚えるようにしましょう。

ピアノ初心者が独学でもわずか30日で、名曲をスラスラ弾けるようになった方法とは?

 

 

こんな方にオススメ

  • ピアノ教室に通う時間がない。
  • 大人になってからピアノ教室に通うのは、恥ずかしい。
  • 中々時間がとれないので、自分のペースで練習したい。
  • どの教材で勉強したらいいか分からない。
  • 楽譜さえも読むことが出来ない。
  • DVD付きの教本を探している。

 

ピアノ,音感,独学,教材,教本

 

 

 

 

ピアノ,音感,独学,教材,教本

関連ページ

練習が苦手な大人にオススメしたい上達法
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない初心者用の教材・教本を参考に独学で上達できる方法とは
ピアノ教室の料金の相場が知りたい
ピアノ教室の料金って、どれくらいかかるの?ピアノ教室の月謝の相場を調べました。
60歳以上の初心者が上達する3つの秘訣とは?
ピアノが弾けるようになりたいけど楽譜も読めない初心者の用教材・教本を参考に独学で上達できる方法とは
初心者が劇的に上達するには、どの位のレッスン期間が必要?
ピアノ初心者が上達するには、どの位のレッスン期間が必要ひつようなのでしょうか?独学ようの教材・教本をでどこまで上達できるのでしょうか?
大人がピアノ発表会で緊張せずに弾くコツは?
大人だけどピアノ発表会で緊張してしまう人のために。あがらずに弾くコツとは。